債務整理には自己破産、個人再生、特定調停、任意整理の4つの方法があります。

メリット・デメリットはさまざまなので、現在の借金や経済状態に応じて最適な方法を選択しなければいけません。

借金の額が大きく、収入がない状態ならば選択できるのは自己破産のみになります。

借金は全額免除されるので、手続き後に返済を行う必要はありません。

ただし、財産はほとんど失うことになります。

借金の額は大きいものの安定した収入があるという方は個人再生を選択できます。

私が知ってるこのサイト闇金 滞納注目です。

個人再生は借金を大きく減額し、残りの金額を再生計画にしたがって返済するものです。

返済額と同額の財産を残しておくことができます。

特定調停は裁判所の調停委員に債権者との和解を仲介してもらう手続きです。

金利の再計算をして減額された借金を返済する和解をすることになります。

あくまで交渉なので和解が成立しないこともあります。

最後に任意整理についてですが、こちらは公的機関を通さずに自分側と債権者との二者間交渉になります。

こちらも話し合いで和解を目指しますが、不調に終わることがあるのも特定調停と同じです。

Copyright © 2002 www.edmckirdy.com All Rights Reserved.