自動車重量税、別名重量税とは国産車とか外車等自動車の生産している国や電気自動車、セダンという車のタイプも例外なくマツダやジャガー、などにも納付しなくてはならない税です。新車を登録するさい、もしくは定期車検の場合に支払うものなのです。その金額は対象となる自動車の重さ毎に決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」はまったく別の概念ですから、基礎を学んで混同しないようにしなければなりません。「自動車重量税は車重によって」「自動車税は自動車のリッター数により」金額が変わります。それで買い取りの際の対応も変わりますから、注意しましょう。車を買い取ってもらう時には支払った税金がいくら残っていたとしてもその額が返還されるようなことはないですが、一方で自動車税であれば、既に支払った税金を査定額に上乗せしてくれるということがありますが、重量税に関しては上乗せされるという事例はなかなかないでしょう。重量税の場合はいくら既に支払った金額が残っているからと言って中古車買い取り業者にてそのことが配慮される場合はほとんどないです。そのためその次の支払い、要は車検まで処分を待ち買取っていただくのが無駄は少ないです。車の買取の際は戻ってこない重量税ですが、ある条件の場合だと還付されることもあります。これにあたるのは、次の車検までの期間が残ったままの廃車にするケースです。要するに、廃車申請をした時に残存期間に応じた金額が返金されます。ですが、中古車の買い取りの場合はその車が廃車になるのとは違って返ってきません。それから所有車の名義変更をした場合や盗難されたケースなども返金してもらうことは不可能です。自動車重量税が残っている期間がある車を売却するということは、要するに車検がまだあるクルマです。その辺りを業者も配慮しますので自動車重量税が残存していればそこそこ買取金額は増えることでしょう。もちろん買取金額は店によって異なりますが、車検期間が残っていることが考慮されれば愛車の売却額と比較するとあまり割に合わないということもありません。

Copyright © 2002 www.edmckirdy.com All Rights Reserved.