簡単に言えば、任意保険というものは強制保険の自賠責保険とは異なり、自賠責保険ではカバーされない補償をしてもらえるより充実した保険です。この任意保険の考え方は自賠責保険の上級保険として役に立つものですので自賠責保険の限度額を超えた際に機能します。さらに、自賠責保険の中では物に対する損害については保証されていないので、対物損害を補う時には加入するのがいいと思います。現時点で任意保険を支払っている愛車を処分する時は、国内メーカーの自動車でも外国の車などことは例外なく、残っている分が還付されます。国産自動車の売却の際も同様です。自動車損害賠償責任保険は、一般的には加入したままでいるのが常識ですが任意保険というのは全ての人が加入するものではないので、中途解約をすることになります。さらに、任意保険をキャンセルしたあとは、現段階で 支払っている返戻金が返ってくるということになります。自動車の買取が決定したからといってすぐさま任意保険の契約を解約することはリスクがあります。当然、即契約解除してしまえばその分返ってくるお金は上がりますが、もしかしたら自動車専門店が遠方にあって自分で運転していくような場合には、任意保険に入っていない状態で車の運転をするはめになります。万が一のことに備えて、万が一にももう運転をすることはないという状況になる時まで契約の解除の手続きはされないようにする必要があります。所有車を手放してすぐさま新たな車種に乗り換えるケースであれば良いですがもし長い間車の運転をしない状態が継続して保険に加入している意味がなくなってしまったらこの任意保険に加入していない期間が存在する場合、以前継続していた等級が下がり、任意保険の保険料が上がることがあります。そういった時であれば「中断証明書」というものを発行してもらうようにする必要があります。この「中断証明書」で一定期間、解約前の任意保険の等級を継続することが可能です。それから13ヶ月以内は発行してもらうことが可能ですので、仮に今現在で中古車を売却済みで「中断証明書」という書類を提示してもらっていない場合は、保険会社や代理店にその旨をお伝えください。仮に自分がまたクルマを購入することになって、買ったのちに前に所有していたクルマを処分に出すのであれば、任意保険の契約は一方のみのです。任意保険の変更になりますから、運転しなければならない所有車ならば買い取りの際まで注意が必要です。また任意保険は自動車車両次第で金額が大きく変化してきますから自動車買い取りの時は任意保険の内容を振り返る良いタイミングなのです。

Copyright © 2002 www.edmckirdy.com All Rights Reserved.