車を買い取ってもらう際や、また愛車の査定の時も印鑑証明という書類が必要になってきます。この印鑑証明という書類に関して説明していきます。印鑑証明とは、ある印鑑が実印であるという事実を証明する目的の書面です。印鑑証明書がないとその印鑑について実印として認められているということがわかりません。高額な商談になる愛車の買取のため、どうしても実印が要ることになりますがそれと一緒に印鑑証明書が出てきます。印鑑証明を発行するには事前に印鑑証明をしておかなければなりません。登録するはんこは通称、実印と呼ばれ、同じものが二つとない印鑑であることが必須です。実印を手配して、お近くの役所に行けば印鑑登録できます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードなるものが交付され登録したはんこは実印として認められたということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには役所の窓口へ出向き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を埋めて印鑑登録カードを持って行く必要があります。そして自動交付機を使って発行する事が可能です。印鑑証明には期限切れなどはありません。そのためどれだけ前の印鑑証明だとしても効力は半永久的に持続するということになります。ただ中古車買い取りの時は、効力のある印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。普通は有効期限などはありませんが中古車の売却の際は、買取先が期限を教えてくれるのでもしも車の買取を考えているとしたらあらかじめ用意しておくことが必要です。

Copyright © 2002 www.edmckirdy.com All Rights Reserved.