自動車重量税、別名重量税というものは、国産メーカーの車あるいはドイツ車など自動車の生産している国やミニバン、ワゴン車など車の形も全て同じで、たとえばレクサスやGM、等でも納付しなくてはいけない税金です。新車登録をする場合もしくは定期的にある車検の時に払わなければいけない税になります。その納付税額はそれぞれの自動車の車重により決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」は違う概念なので基礎となる税金を理解して一緒にしないようにする必要があります。「自動車重量税とは車の重さで」「自動車税というものはクルマの総排気量により」その金額が異なります。それで、引き取りの際の待遇も違ってきますから注意が必要です。中古車を売却するときには支払った自動車の税金がどれだけ残っていても、その金額が返ってくるようなことはないですが、一方、自動車税であれば既に支払った金額を買取金額に足してくれるということがありますが重量税の場合は上乗せになることはほとんどないといえます。重量税の場合は、どれだけ支払った税金が残っているとはいえ自動車業者側でそのことが考慮されるケースはほとんどないのです。そのため次の支払いつまるところ次の車検まで売らずに待ってから買い取ってもらうというのが無駄は少ないです。自動車買取時は考慮していただけない重量税でも、一定の条件のケースだと返還されることがあります。これにあたるのは、車検期間が残っている愛車を廃車処理する際です。つまり、廃車申請をした時に、残っている期間に応じた額が還付されます。ただし中古車の引き取り時はその自動車が廃車されるのとは違って還付されません。さらに、愛車の名義を変更したケースや盗まれたケースなども返金してもらうことはできません。重量税の残存期間がある自動車を手放すことは要は車検の効力が残っている自動車ということと同じです。そういったことを買取店も忖度しますから、重量税が残っていれば買取金額はあがるはずです。当たり前ですが査定額は店により異なりますが車検の効力が残っていることが忖度されれば、自動車の査定額からみるとそんなに払い損と考えることもありません。

Copyright © 2002 www.edmckirdy.com All Rights Reserved.